本院 ICU(集中治療部)の紹介|充実の研修プログラムで麻酔のプロを目指そう!

  • トップページ
  • サイトマップ

〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
TEL03-3433-1111(内線4040)FAX03-5401-0454

本院ICU(集中治療部)

トップページ > 部門紹介 ICU(集中治療部)

施設概要

病床数1000床を支えるGeneral ICU

術後入室患者は心臓外科中心に約10名/日、内科系重症患者(救急経由、病棟急変)は約1~5名/日、偏りない重症症例がICU(ベッド数:20床)に入室します。ICU入室する全症例において、集中治療部が診断・治療方針を統括していきます。疾患特異的な診療は各診療科とも議論を重ねます。Closed ICU, semi-closed ICUといった医療者視点での枠組みに固執せず、重症患者にとって最適な全身管理を遂行しています。

バラエティ豊かなプロ集団

麻酔、内科、感染症、救急、循環器、様々なベースをもったICU専属チームが中心となり、各専門科医師、リハビリ部門と連携をとり診療が行われています。麻酔科後期レジデント、研修医、他病院からの国内留学医師etc.が集う研鑽・教育の場でもあります。

ICUスタッフ

ICUスタッフ

スタッフ集合写真

部門紹介・特色

本院ICU(集中治療部)の特色・教育体制
◆科学的根拠に基づく集中治療

毎日午前(約2時間)の集中治療部主導の合同カンファレスで、診療方針を決定します。各診療科も必ず同席し、科学的根拠に基づいた議論を行います。加えて、個人-組織、両面からの診療改善を目的としたM&M カンファレンスを定期開催しています。Root Cause Analysis(根本的原因究明)のコンセプトのもと、毎月1例取り上げ診療を振り返ります。

◆臨床を充実させるための教育体制

毎週1度、朝1時間の勉強会を行っています。担当者が集中治療に関する最新文献を取り上げ、もしくは、ある一つのトピックを徹底的に掘り下げプレゼンテーションを行います。本院救急部、分院(葛飾医療センター、柏病院)ICUもWeb会議システムで参加します。少しの早起きで学会セミナー以上の講義を毎週聴講することができます(スライドはこのホームページで閲覧可)。主に研修医もしくはレジデントが作成を担当し、マンツーマンで集中治療部スタッフがその指導役を担います。研修医はもちろん、多くのレジデントにとって未経験の作業ですが、論文の読み方、文献検索、英語からプレゼンテーションに至るまで、集中治療部スタッフがイチから丁寧に指導していきます。

◆臨床で湧いた疑問は研究へ→ 進行中の研究・集中治療部業績

各人が臨床研究のテーマを持ち、それぞれのペースに合わせて指導を受けながら臨床研究、論文執筆を行っています。ICUスタッフの多くは、慈恵ICUから始めた臨床研究で学位を取得しています。必要に応じ、適宜リサーチカンファレンスも行います。やる気次第で、臨床研究のイロハを学ぶことが可能です。

レジデントの1日

ICUチームの1日

スタッフ募集

東京タワーを臨むICUで共に働きませんか

日本屈指のICUとして、更なる高みを目指すべく、共に戦う仲間を募集しています。
特には、救急医、麻酔科医の先生方など、後期研修等で実戦経験を積んだ後に、もう一段上のレベルを目指したい先生方、慈恵ICUで共に切磋琢磨しませんか?我々慈恵ICUとしても、そういう先生方のお力が必要です。
症例の数、幅、共に真のIntensivistを目指すに申し分無い環境です。日本集中治療医学会専門医の取得も容易です。更に当施設の特徴として各々が臨床研究を進めており学問的な追及も十二分に味わえる環境です。情熱次第で、あらゆる方面に無限の可能性が広がっているICUです。もちろん、ICU経験の無い方でも、救急医でなくても、麻酔科医でなくても、“集中治療が好き”もしくは“重症管理が出来るようになりたい”という情熱があれば大歓迎です。責任を持ってお迎えしますし、一緒に学んでいけたらと思います。
勤務期間は数ヶ月の短期研修から永久就職まで最大限ご希望に沿うよう対応致します。
重症患者に真に向き合える医師を一人でも増やす事が当施設の使命です。随時見学を受け付けています。ご興味のある方は、お気軽に下記までご連絡ください!

診療副部長:藤井智子 <tomoko1109@gmail.com>
診療副部長:齋藤敬太 <keishizu1314@mac.com>

集中治療医キャリアプラン

各医師の希望に基づき、集中治療専門医取得から学位取得まで、柔軟にキャリアプランを組んでいます。多くは、麻酔、救急などの後期研修終了後に集中治療専門医を志し専属スタッフになるパターンですが、短期研修(年次、専門問わず)も相談可能です。以下、実例です。

スタッフより一言

藤井 智子

准教授・集中治療部診療部長

【出身大学】

東京大学
平成19年卒

【専門分野】

集中治療専門医
日本救急医学会専門医
社会医学系専門医
医学博士(京都大学)

【  趣  味  】

旅行

【コメント】

チーム力の高さが慈恵ICUの特徴だと思います。謙虚に学びつづける姿勢がチームを支えます。

齋藤 敬太

講師・集中治療部診療副部長

【出身大学】

東京慈恵会医科大学
平成13年卒

【専門分野】

日本集中治療学会専門医
日本麻酔科学会指導医
ICD認定医

【  趣  味  】

阪神タイガースの熱烈応援、ゴルフ、読書、味噌汁作り

【コメント】

すべての人に夢を、可能性を。それが慈恵医大ICUです。

遠藤 新大

講師・集中治療部診療医員

【出身大学】

東京慈恵会医科大学
平成15年卒

【専門分野】

日本集中治療学会専門医
日本麻酔科学会指導医
医学博士(東京慈恵会医科大学)

【  趣  味  】

テニス、ウクレレ

【コメント】

ここには最高の医療を妥協無く追求する最高の仲間がいます。エビデンスという道しるべで集中治療という大海原をともに渡ってみませんか?きっとあなたの世界観が変わります。

吉田 拓生

講師・集中治療部診療医員

【出身大学】

京都府立医科大学
平成19年卒

【専門分野】

日本集中治療学会専門医
日本救急医学会専門医
日本循環器学会専門医
総合内科専門医
ABCD sonography 理事
医学博士(東京慈恵会医科大学)

【  趣  味  】

本、映画、宅トレ、ウィスキー

【コメント】

臨床、研究、教育、全てにチャンスがあるICUです。そして何より人間関係が良く、伸びやかにチャレンジできる環境だと思います。

齋藤 慎二郎

講師・集中治療部診療医員

【出身大学】

東京慈恵会医科大学
平成17年卒

【専門分野】

日本麻酔科学会指導医
日本集中治療学会専門医
医学博士(東京慈恵会医科大学)

【  趣  味  】

釣り、プロ野球観戦

【コメント】

あなたの伸びしろ、まだいっぱいありますよ。

浅野 健吾

助教・集中治療部診療医員

【出身大学】

東京慈恵会医科大学
平成24年卒

【専門分野】

日本麻酔科学会専門医
ABCD sonographyインストラクター

【  趣  味  】

歴史(日本史・世界史・人類史、生物史なんでも)、読書、カレー屋巡り、野球

【コメント】

良いと思ったことをみんなで考えて実践していける、そういう環境なのが自分は好きです。

小川 顕太

助教・集中治療部診療医員

【出身大学】

旭川医科大学
平成26年卒

【専門分野】

日本救急医学会専門医

【  趣  味  】

ランニング

【コメント】

今まで臨床を中心に研修してきました。臨床研究に興味がありましたが教わる環境がなく独学では難しいと考えて慈恵医大にきました。ここでは、臨床研究に精通した先生方が在籍し学ぶ場としては理想的な環境です。また、臨床診療も継続できることがメリットです。同じような悩みがある方はぜひ一度見学に来てください。

内野 滋彦

非常勤講師

【出身大学】

東京医科歯科大学
平成5年卒

【専門分野】

日本集中治療学会専門医

【  趣  味  】

文献を読むこと、家庭菜園、python

【コメント】

老兵は死なず、ただ消えゆくのみ、の心境ですが居心地が良いので時々ICUの中をブラブラしています。
臨床研究インタビュー記事
Dr.内野のおすすめ文献

集中治療 長期研修 (当科麻酔部より)

宮山 直樹

助教・麻酔部診療医員

【出身大学】

東京慈恵会医科大学
平成25年卒

【専門分野】

日本麻酔科学会専門医
周術期経食道エコー認定医

【  趣  味  】

自転車

【コメント】

麻酔専門医取得後集中治療の勉強をさせていただいております。一緒に学びましょう!

渡辺 楓

助教・麻酔部診療医員

【出身大学】

大阪大学
平成27年卒

【専門分野】

日本麻酔科学会認定医

【  趣  味  】

筋トレ、料理

【コメント】

慈恵ICUには愛があります!医療スタッフの連携に優れ、勉強や研究の機会にも恵まれた、素晴らしい職場だと思います。

八木 洸輔

助教・麻酔部診療医員

【出身大学】

金沢大学
平成27年卒

【専門分野】

日本麻酔科学会認定医

【  趣  味  】

バドミントン、日本酒、旅行、ゲーム

【コメント】

診療も研究もできる環境が整っています。一緒に働きましょう。

短期留学受け入れ実績

当院救急医学教室、当院小児科学教室、獨協医科大学越谷病院麻酔科、神戸中央市民病院救急部、国立病院機構京都医療センター救命救急センター、国立病院機構大阪医療センター腎臓内科、自治医科大学さいたま医療センター集中治療部、東京医科大学八王子医療センター救命救急センター、練馬光が丘病院総合診療科、埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター

ICU看護部から

患者の命と共に向き合うことができる、勉強熱心な(遊びも?)プロ集団、と日々実感しています。こんな先生たちと仕事ができるって宝物だと思います!きっと後悔させません!

ICU臨床工学部から

人工呼吸器、血液浄化装置、補助循環装置など機械が苦手な方でも大丈夫!!ICU専属臨床工学技士がフルサポートいたします。

ICU薬剤部から

ICUでは様々な薬剤が使用されるため、より良い薬物治療を行えるように情報提供を行っています。またTDMや配合変化などの情報提供も行っていますので、薬剤について知りたい方はICU薬剤部までお願いします。

慈恵ICU勉強会

慈恵ICU勉強会のページ